アマゾンでの買い物ならこちらが便利です!
↓↓↓

2014年12月21日

沖縄の海 その66

沖縄の海•久米島


沖縄本島の西方約100キロ、東シナ海に浮かぶ人口約8千人の離島が「久米島」。ここに来たら、是非ダイビング体験をオススメします。久米島のダイビングスポットは、真っ白な砂浜が7kmも続く「ハテの浜」を境に、北と南に分かれています。その日の天候により、インストラクターが判断して、その日最良のダイビングポイントまで連れて行ってくれます。



はての浜に到着して、最初に感じることは「白いっ!」の一言につきます。陸続きではないため、見る景色360度が真っ白な砂浜ときれいな海。こんな景色に囲まれる幸せを体全体で実感すると、言葉なんかいらなくなってしまう事でしょう。

この美しいロケーションから映画のロケ地やCM等に採用されることも少なくありません。西田敏行さん主演の「釣りバカ日誌11」の中で、主人公「ハマちゃん」が、この「はての浜」に流れ着いた事も有名です。

posted by イリオモテヤマネコ at 18:16| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

沖縄の海 その65

welcome to 沖 縄

posted by イリオモテヤマネコ at 12:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

沖縄の海 その64

イラヨイ月夜浜


『イラヨイ月夜浜』。

いい曲ですね〜!!

この曲は、作詞:大島保克、作曲:比嘉栄昇です。

イラヨイは「愛しい」の意味、月夜浜は「月夜の浜」の意味です。

私にとっての『イラヨイ月夜浜』は、まるでベートーベンの月光第1楽章のように静かでしかも力を持った曲に聴こえるのです。

さらには、ジョン・レノンのイマジンのようにシンプルなメロディの中に深い意味を込めた曲にも似た名曲だとも思います。



posted by イリオモテヤマネコ at 13:01| 沖縄 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

沖縄の海 その63

水納ビーチ 水納島

手付かずの自然が残っている水納島には、ビーチレジャーの他にもダイビングスポットやゆったりのんびり歩ける場所があります。

水納島は本部町の中心、渡久地から南西の海上約8kmに浮かぶ周囲約4.6km 面積0.54uの小島で、北緯26度39分、東経127度49分に位置している。



水納島の歴史は、明治の中ごろ瀬底島の人々が原番(ハルバン)として移り住んだのがその始まりで、それ以前は無人島であったと言い伝えられていたが、1976年の調査で古代人の遺跡があることが確認された。これが「水納島貝塚」であり、これにより水納島にも約1,000〜1500年前に古代人が住んでいたことがわかっている。
posted by イリオモテヤマネコ at 18:31| 沖縄 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

沖縄の海 その62

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート「タイガービーチ(Tiger Beach)」

ホテル目の前に広がる"タイガービーチ"。冨着ビーチからつなが-るタイガービーチは、東シナ海に面し、ビーチが集中している西海岸でも数少ない天然ビ-ーチです。白い砂浜と透き通るような水辺の海水の色、沖にはリーフの境目に低い一本の-白波が立ち、その先と海の深さの違いを表現しています。水平線から広がる空の青さにも-スカイブルーの表現にピッタリです。

posted by イリオモテヤマネコ at 16:58| 沖縄 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

沖縄の海 その61

ヒーリングアイランド

沖縄本島


posted by イリオモテヤマネコ at 13:34| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

沖縄の海 その60

☆沖縄海中散歩
美ら島
OKINAWA


posted by イリオモテヤマネコ at 13:17| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

沖縄の海 その59

沖縄・西表島バラス島&鳩間島シュノーケリング




沖縄・西表島
サンゴのかけらで出来たバラス島&”瑠璃の島”鳩間島散策〜いつまでも眺めていたい南の島の青い海〜


サンゴのかけら、つまるところ死んだサンゴのかけらの山となります。潮の流れにより形や大きさが変わると言われています。

とても小さな島ですが、周辺は熱帯魚やサンゴを見ることができる、人気のあるシュノーケリングポイントの一つです。


バラス島から離れなければそれほど水深は深くならないため、ビギナーでも楽しめることでしょう。

umi.jpg

umi2.jpg
posted by イリオモテヤマネコ at 12:37| 沖縄 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

沖縄の海 その58

自宅のリビングで、ゆったりと美ら海巡り。フルHDで見る青い海と空の大パノラマ、9-6kHz/24bitの5.1chサラウンドの心地よい波の音、それらが生み出すゆる-やかな時間の流れが、疲れた心を癒してくれることでしょう。


亜熱帯の豊かな自然に恵まれ、華麗な琉球文化を残す南の楽園。紺碧の美しい海、極彩色-の魚たち、世界に誇る多彩なサンゴ礁、そして一年を通して温暖な気候...沖縄はハワ-イ諸島と同じ緯度に位置し、年間500万人以上の観光客が訪れる日本を代表するリゾー-ト地です。
『リラクシングビュー』とは、そんな沖縄の美しい海やビーチ、海岸風景などを現地同時-収録の心地よい自然音のみで構成したものです。
posted by イリオモテヤマネコ at 15:32| 沖縄 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

沖縄の海 その57

美しすぎる海
  コンドイビーチ  沖縄



コンドイビーチは竹富島の中だけでなく、八重山としても屈指のビーチ。しかも石垣市街からなら石垣島のビーチへ行くよりも気軽に行けるかも?離島桟橋からは30分に1本船が出ていますので、時間が余ったら竹富島へ行ってコンドイビーチを味わうこともすぐにできると思います。

ビーチは基本的に遠浅ですが完全に干上がることはありません。ただ砂地がメインなのでサンゴも魚も少なく、シュノーケリングには不向き。また干潮時はかなり浅くなりますので海水浴も難しいと思います。なので満潮時は海水浴を楽しみ、干潮時は沖に現れる砂浜に歩いて渡るのがおすすめです。
posted by イリオモテヤマネコ at 11:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。